俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

逸れ子のとんぼ庭木に留まれり

作者 豆柴  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いつもありがとうございます✨
いつも群れて飛び交っているのですが日が暮れると一匹だけいつも庭の木にとまっていました✨

最新の添削

とどまりて一匹だけの秋茜

回答者 イサク

こんばんは。

「逸れ子の」の誤読は先にお二人から出ていますので省略します。
句の後半が「庭木にとどまっています」だけになっているので、詩が欲しいですね。

「とどまる」「庭の木に」はどちらかだけで済みそうな気がします。

・はぐれたるやうな蜻蛉や庭の木の
・庭の木に蜻蛉のはぐれたるやうな

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「逸れ子のとんぼ庭木に留まれり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

上五の「の」が悩ましいですね。「逸れ子の」と来たので、人間の存在が登場した気がして、逸れている子の(持ってる)とんぼが(にげて)庭木に留まっている。という風に誤読されそうかなと。

はぐれたるとんぼ庭木にとどまれり
はぐれたる〇〇〇・・のとんぼかな

こういう流れがいいのでは、と感じましたがいかがでしょうか(*'▽')

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

庭の木にいつも一人の赤蜻蛉

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

「逸れ子の」が、説明&(よくない)擬人化ですね。逸れているかどうかは映像でなくて、そのように感じたと言う説明であり、げばさんのおっしゃる通り人間であるかのように見えるのでうまく機能していない擬人化になってます。

「日が暮れると一匹だけいつも庭の木」
コメントのこのへんのニュアンス特に「いつもの」がうまく表現できると細やかなオリジナリティが出ていい句になると思いました。
今のままでは、一匹止まっているトンボに逸れると言う説明をしただけになっちゃうので。トンボにある程度夕方のイメージがありますが、赤蜻蛉にしてそのイメージを強めてみました

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬の虹脳はブラック企業なり

作者名 森本可南 回答数 : 2

投稿日時:

露先のふくらむしづく栗の花

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

花鋏研いで研いでの大晦日

作者名 めい 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『逸れ子のとんぼ庭木に留まれり』 作者: 豆柴
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ