俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

車をも先回りして虫時雨

作者 はや  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

車で高速道路を走っていても延々聞こえ続ける虫の声。不思議だなあすごいなあと常々思っていたのですが、その降るように聞こえる虫の声を「虫時雨」というのですね。なんて風情のある言葉!と気に入って作ってみました。
でも読む人の立場から考えると、車を停めないと虫の声が聞こえづらいのかなあ…と悩んでいます。

最新の添削

車行く先々に待つ虫時雨

回答者 なおじい

こんにちは。はや様、いつもお世話になってます。

拙句「ランプの宿」コメント有難うございました。ホントにいいところですよ。

御句、私は高速道路走行中に虫の声が聞こえるはずがない、と思いました。でも行く先々で必ず同じような虫の声がするから、まるで先回りしているようだと思う気持ちはわかります。それこそ、どこへ行っても同じですからね。
「車をも」は、こんなに高速で走っている車さえも追い越して行くのか、という驚きの気持ちが入っていますね。

提案句は、「先回り」を「行く先々で待つ」と言い換えました。
「虫時雨」いい言葉ですね。今度私も使ってみたいです。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

虫時雨時速八十キロの夜

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

御句、着眼点はよいと思います。

「車をも」が散文的ですね。
この「も」が音数あわせっぽくも見えますね。
車以外の何かを「先回り」した、という匂わせがあまり好い印象ではなさそうな。

単純にすれば
・虫時雨走る車を先回り
ですが、これでは味気ない・・・
虫時雨の「状況」を説明しているので、「車」「先回り」あたりを変えないとちょっと難しいかな・・・と思いました。

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「車をも先回りして虫時雨」の批評

回答者 74

句の評価:
★★★★★

こんばんは。いつも温かなコメントありがとうございます。
神割崎の句は表現に迷ってしまい、波の駆ける様を詠みたかったのに波飛沫のことと読み取れる描写(跳弾)を選んでしまいました…反省です。はやさんの仰るように、神様が雷で持って割いた岩に銃の描写は微妙でしたね。
パルクール採用での「駆け昇る」の措辞が良いですね。龍が駆ける様のようにも見えてきます。うーん、皆さんの知恵を借りないとかっこ良く詠めなくて未熟者だなぁと痛感します。

御句拝読しました。
視点と発想が良いですねー運転中も虫の音はよく聞こえますから、虫の音の聞こえるところで車両に乗らない人以外は間違いなく共感できると思います。
上五中七が説明的で、特に上五の「車をも」は音合わせような印象です。
〈上五〉〇〇道を虫時雨……とすれば、高速道or東海道など具体的な高速道路の通称+助詞「を」+季語で、はやさんの言いたいことは表現できると思います。となると、上五が自由枠になりますね。時間帯の描写を入れるとロマンチックさが出そうですし、誰かと一緒にいる光景としても良さそうですね。急いで家に帰る雰囲気など色々な選択肢ができると思います。
ちょっと思い付いたのは、上五を「ガラス越え」などとしたら車で高速運転中にどこまでも聞こえる虫時雨っぽくないですかね?ガラスだと弱いかな窓がいいかな…
詳しい助詞の効果は、しりとり企画の元になった夏井先生のYouTubeがわかりやすいと思います(最近見ました)

追伸:げばげばさん、リフレインですが私は全然使いこなせてません(笑)

点数: 2

添削のお礼として、74さんの俳句の感想を書いてください >>

「車をも先回りして虫時雨」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、いいですねー、目のつけどころ、素敵!
そういうところが、俳句の観点として大事なんだなーって思いますよねー、素敵!

イサクさんのおっしゃる指摘とかぶりました(うれしい!)
この感じた光景を句にできたら最高かもしれない、できるかなー、げばに、、、。
上五の「をも」「先回り」がちょっと説明的かもしれないので、回避したいですね。

ここは先人、山頭火の力を借りて、はやさん、74さんのリフレイン、ここで使います?これじゃ、車という状況は出ないけど、、、。

走っても走ってもなほ虫時雨

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

風を切るウィンドサーファー蝶の海

作者名 よし造 回答数 : 4

投稿日時:

運動会スローガンはなんだっけか

作者名 森本可南 回答数 : 2

投稿日時:

バラックの底夕に背む杜若

作者名 トーマ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『車をも先回りして虫時雨』 作者: はや
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ