俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

散歩する岸辺は月の浮御堂

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

大津の知人を訪れ、夜の散策。

最新の添削

「散歩する岸辺は月の浮御堂」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、これは芭蕉の句でも詠まれている満月寺の浮御堂ですね。そして、満月寺だけに、月の出ている浮御堂としているわけですね、素敵な光景、こんなところを散歩してみたいものですね。

さて、さきほどの句の「枕詞」のこともありましたが、和歌ではよく詠まれた場所を盛り込む「歌枕」というものがあるかと思いますが、俳句でもわりと頻繁に歌枕を盛り込むということもあるのでしょうか?

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

千年といふ名の犬や曼珠沙華

作者名 森田拓也 回答数 : 3

投稿日時:

人まばら馬篭の宿の遅ざくら

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

茶摘するマジシャン如き老女の手

作者名 素一 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『散歩する岸辺は月の浮御堂』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ