俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雌鮭の尾の擦り切れし骸かな

作者 大江深夜  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

特に無し。

最新の添削

雌鮭の骸に擦り切れし尾かな

回答者 イサク

こんばんは。

中七「尾の擦り切れし」が説明的に「骸」にかかっていくところが少し気になりました。
映像を想像すると、切れ字「かな」の前は「骸」よりも「尾」ですかねえ。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「雌鮭の尾の擦り切れし骸かな」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

大江さん、初秋の句、コメントありがとうございます!
好意的なコメントとても励みになります。「初」とつく季語について、そして「かな」の詠嘆について、教えていただきとてもうれしいです!

御句、産卵のためにぼろぼろになった、もう獲られることもない旬を越した雌鮭の骸。生き生きと遡上する鮭でなく、むしろボロボロになった雌鮭の方にクローズアップしていく。
何も食べずに、流れに逆らって遡上し、とにかく産卵場所を目指し、自分の尾まで擦切らしてまで、産卵を達成する凄絶な姿。命の一滴が燃え尽きるまで生き、そして死んでいく。その骸に焦点を当てる。新たに生まれた鮭と死にゆく鮭、命が交差する。これが生命の秋なのかもしれないなと思わされる句でした(*'▽')

大江さん、また、げばげばの句で気になるものがありましたら、ぜひコメントいただけるとうれしいです!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「雌鮭の尾の擦り切れし骸かな」の批評

回答者 はや

句の評価:
★★★★★

命の迫力を感じました。
次の世代に命を繋げて力尽きる生き物たち。傷だらけの「骸」から感じるのは命の力強さだと思いました。

「西瓜提げ…」の添削ありがとうございました。
俳句ではなく短歌!その発想はありませんでした。
自分が何を表現したいかをよく考えて、表現手段も選んでいく必要があるのですね。

点数: 1

添削のお礼として、はやさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ゆっくりと歩み空色冬椿

作者名 翔子 回答数 : 3

投稿日時:

夜空ふと見れば隠れる弥生月

作者名 鰐渕颯 回答数 : 5

投稿日時:

刻々と熟れて行く姫女苑

作者名 獺祭 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雌鮭の尾の擦り切れし骸かな』 作者: 大江深夜
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ