俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

西瓜食むじゃりと音する海の砂

作者 よし造  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

子供の頃、海での西瓜割りは夏の定番だった。

最新の添削

「西瓜食むじゃりと音する海の砂」の批評

回答者 なおじい

こんにちは。よし造様、いつもお世話になってます。

御句、スイカ割りのスイカを食べたら、ちゃんとビニールシートを敷いていたはずなのに砂が入っている…。そういうこと、ありますよね。

御句、私がこの句を秀逸であると思い、さすがはよし造さんだと思いましたのは、違和感を「じゃり」と表現したことです。原因は海の砂ですものね。ジャリ以外の措辞があるでしょうか(笑)?

おそらくそのスイカ割りに小生意気なちびっこも参加したのでしょう。それも掛けたのでは?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

西瓜食むがぢがぢとする海の砂

回答者 長谷機械児

句の評価:
★★★★★

よし造さん、こんにちは。

「西瓜大菩薩」句への添削ありがとうございます。

「鎮座」という語の提案がお二方からあったのですが、これを使うと、大菩薩あたりの語は不要になり、

 テーブルに鎮座坐します黒西瓜

くらいに落ち着くのかなあ、と思ってます。

さて、御句について。

西瓜割の後の西瓜を食べるときに、砂の感触に行き当たった。ということなのですが。
「じゃりと音」したかなあ、と。

確かに、砂を噛んだら、不快な響きが歯から骨に伝わるのでしたが、それは音でよいのか、「じゃり」なのか、と気になりました。

自分の中で砂を噛んだときの感触を思い返し、「がぢがぢとする」とした句を提案句とさせていただきます。
(私の感覚のオノマトペを提案、というのも変な気がしますが・・・・)

今後とも、よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、長谷機械児さんの俳句の感想を書いてください >>

じゃりと音して砂を食む西瓜食む

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

句の季語も中心も「西瓜」のはずなのですが、元句だと「海の砂」の方に焦点が寄って行っているようなので、語順を変えたいと思います。
あと、「海」・・・要りますか? とりあえず提案句では外しました。

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

落雷や脳細胞の壊れさう

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

よく道を聞かれる日なり冬うら

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

一枚の枯れ葉の啓く自然かな

作者名 こま爺 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『西瓜食むじゃりと音する海の砂』 作者: よし造
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ