俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

陶匠の眉のきりりと秋の雷

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

作品づくりには厳しい。おりしも雷が。

最新の添削

「陶匠の眉のきりりと秋の雷」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句、この秋の雷は自分の作品に対する厳しさなんですね。眉のきりりとした陶匠が、できばえの良くない作品をパリンパリンと割っているのですかね。

先日、濱田庄司さんの海外記者からのインタビューで、器の線に対して「これは15秒で書かれた線ですね」と聞かれて、「いや、60年と15秒です」と答えたという話を聞いて、自分の中にずっと刺さっています。芸術でも実生活でも何事でも、今の自分の考えや行動や言葉や生み出すものすべては、自分の生きてきたことすべてから出るものなんだし、一本の線を引くのにも、自分の60年の積み重ねの一本の線なのだと。うーむ、なるほど。

そんな濱田庄司さんを思い浮かべた句でした。いつも私ごとき駆け出しが感想を言わせていただいて、コメント欄に長々と書かせていただいています、今回もお邪魔しました(*'▽')

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

大玉のあらぬ方向天高し

作者名 竜子 回答数 : 2

投稿日時:

馬の背に草籠積みて六日かな

作者名 イサク 回答数 : 2

投稿日時:

けんけんぱ桜の下の童かな

作者名 かぬまっこ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『陶匠の眉のきりりと秋の雷』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ