俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

風鈴やもつるるほどに雨に消ゆ

作者 白井百合子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

音を入れたいのですが困っています。
もう少し考えてみます。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「風鈴やもつるるほどに雨に消ゆ」の批評

回答者 かぬまっこ

今日は👋😃「もつるるほどに」がよく分かりません。
「もつるる如く」の方がいいかな🎵音を入れたいとのことですが、「風鈴や」と詠んだ時点で風鈴は鳴っていますよ。

点数: 1

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「風鈴やもつるるほどに雨に消ゆ」の批評

回答者 腹井壮

百合子姐さん、こんにちわ。私も中七下五の意味がよくわかりません。ただ、まな板の上の蒟蒻は簡単に揺れそうで意外と揺れません。同じように風鈴もちょっとした風ぐらいでは鳴りません。俳句においてよく物を見なさいと言われるのはこういう事なのです。再度宿題を出しましたがそれとは別に風鈴と雨ならば「風鈴を打つ雨」「風鈴の打たるる雨」とすれば十分に音と言わなくても音は再現できます。むしろ音という言葉が読者の想像を妨げます。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

零戦は空の彼方へ夏の雲

作者名 季詠 回答数 : 0

投稿日時:

要望:厳しくしてください

風寒し源平咲きの梅五輪

作者名 黄木 桃葉 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

濡れそぼつ石に亀ゐる春の暮

作者名 ケント 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『風鈴やもつるるほどに雨に消ゆ』 作者: 白井百合子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ