俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

知らぬひと会釈のありて盆の道

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

人違いらしいが、こちらも会釈。

最新の添削

「知らぬひと会釈のありて盆の道」の批評

回答者 負乗

久田様、こんにちは。
大したことではなくても、優雅さがあっていい光景だなと思います。
「盆の道」の措辞も素敵です。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、負乗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「知らぬひと会釈のありて盆の道」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

これはいい句ですね、コメントを見れば人違いなのですね。
お盆帰省や登山、神社参りなどでは、知らない人も関係なく、「こんにちは」とか会釈とかが行われる。
そういう温かい心の交流が描かれているようでとても快い句でした(*'▽')もう盆の句、秋に入りますねー。

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「知らぬひと会釈のありて盆の道」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。久田しげき様、いつもお世話になってます。

御句、私はこういう句は大好きです。私は、家の前はもちろん、近所でも人とすれ違えば出来るだけ挨拶するようにしています。
お墓参りなどはなおのこと、同じ霊園にご先祖さまが眠っているどうしと思い、丁寧にご挨拶させていただきます。

ですので御句を最初に拝読した時は、そういうことの句と思いました。特に「盆の道」とのことですので、これもご先祖さまの巡り合わせと、誰ともなく会釈するのだと。後世に残したい美しい日本の風習だなと思いました。

ですのでコメントを拝読してちょっとガッカリ。「人違い」だったのですか…。

でも、句としての価値には変わりはありません。佳句を有難うございました。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

竜天に登り出勤の日曜

作者名 世良日守 回答数 : 1

投稿日時:

夜の更けてなほも嗜む花見酒

作者名 あらちゃん 回答数 : 5

投稿日時:

春雨やひと衣羽織りぬ母のもの

作者名 佐渡 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『知らぬひと会釈のありて盆の道』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ