俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

木染月えやみの広ぎ染みのごと

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

昨今のコロナ禍の拡大を詠んだ句です。

最新の添削

熱風や疫病みの染み広ぐるごとく

回答者 イサク

こんにちは。

◆「木染月」は旧暦8月、つまり今の暦で9月中旬以降です。昨今のことを詠むにはいささか未来すぎるのではないでしょうか。
◆「広ぎ」・・・「広ぐ」の連用形で名詞化運用なのだと思います。わざわざ名詞化するならば他に良い言葉がありそうな気がします。
◆上の項目にも関わりますが、「広ぎ」が「染みのごと」になっていますが、「染み」という名詞ではその時点で止まっているので、「染みが拡がるような」という表現の方がよくないですか?

「木染月」の季語をやめた時点で「染み」の比喩もあまり意味がなくなりますが、一応・・・

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

見渡せば芍薬の風上野かな

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

スイカ割り遠い思い出若き母

作者名 ウィル 回答数 : 2

投稿日時:

さよならの代わりに愛を冬の虹

作者名 友也 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『木染月えやみの広ぎ染みのごと』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ