俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

さわさわと足もと戦ぎ夏野かな

作者 白井百合子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

いい季節になってきますね!

最新の添削

「さわさわと足もと戦ぎ夏野かな」の批評

回答者 ハオニー

心理状況を「さわさわと」と「戦ぎ」で表現しようとしたのですね
何かが引っ掛かる、揺れ動くものがある、不穏な感じがきちんとします

腹井様の仰る通り、「戦ぎ」→「戦ぐ」とする整え方が一つあります
私は「かな」を使わないもう一つのやり方を...

さわさわと足もと戦ぎゆく夏野

これで一旦形は整います

形が整ったところで言葉を吟味してみました
「さわさわと」と「戦ぐ」という言葉、けっこうイメージ出来ることが「揺れ動く様子」で似ているのですよね
私なら音数を多く使っている「さわさわと」を別の言葉に変えることを考えるでしょう
五音あれば、きちんとやりたいことがやれますから

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「さわさわと足もと戦ぎ夏野かな」の批評

回答者 腹井壮

百合子姐さん、こんにちわ。いつも御世話になります。夏らしいいい句だと思います。漢字もきちんと調べてます。一点残念なのは「騒ぎ」の「ぎ」です。一度湾曲させてしまったせいで下五の詠嘆を薄めています。

さわさわと足もと戦ぐ夏野かな

上五のオノマトペはまだ工夫の余地があるかもしれません。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

三密のリビングルームサザエさん

作者名 かこ 回答数 : 11

投稿日時:

背の高き浴衣の男乗り込めり

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

鵜篝のはやばや消えて闇深し

作者名 久田しげき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『さわさわと足もと戦ぎ夏野かな』 作者: 白井百合子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ