俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鬼が出て闇の深まる薪能

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

クライマックスのひとつ。

最新の添削

「鬼が出て闇の深まる薪能」の批評

回答者 知世

いつもコメントありがとうございます。
この句はシャーリー・ジャクスンという小説家の短編『くじ』に影響を受けました。
所謂ディストピア小説というジャンルで、我々とは異なる価値観で生きる人々が描かれています。
そうした世界観の作品を読み慣れている人にとっては割とすんなり飲み込める設定ではないかと思ったのですが、実際のところは分かりません。
取り敢えずそうでない人には何がなにやらといった句ですよね。

こちらの句、最近の作品の中でも好きな句です。
「闇の深まる」がやや平凡な印象ですが、この一瞬を切り取って俳句にされたのが流石だなと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、知世さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鬼が出て闇の深まる薪能」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています!

コメントありがとうございます。やはり「ぞ」は作者の心情を出しすぎました。反省です。語彙についての返信もありがとうございます。句集、3作品までも出ているのですね。すばらしい、一度拝読してみたいですね、句集。

さて、御句。今回はこれが一番お気に入りです。薪能にはあまり詳しくありませんが、鬼が出てくる演目ということは夕刻から夜にかかっていくという時間帯ですね。かがり火が煌々と焚かれ、鬼がついに登場する光景が見えてきました。鬼で光景の時間帯や色合いまで表すとは勉強になります。能楽にも造詣があるのでしょうか。もっともっといろいろなものに目を向けて行こうと思わされる今日この頃です!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春暑しスマイルアップSМか

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

自転車で駆ける牧師や秋の空

作者名 友也 回答数 : 4

投稿日時:

京極の生水光らす霜夜かな

作者名 鬼胡桃 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鬼が出て闇の深まる薪能』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ