俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

飯さへも忘れる程に沙魚を釣る

作者 たきさん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

下五(沙魚を釣る)か(沙魚釣れる)かで迷いました。

最新の添削

飯抜きで釣りしこの沙魚どう捌く

回答者 なおじい

こんにちは。たきさん様、いつも勉強させていただいております。

私もハゼ釣りはしたことありますが、たくさん釣れますよね。
最近私の周りで魚がたくさん釣れたのでと、マグロ、サバ、アジなどいただきました。有難いですが、一人にこんなにくれるということはよほど釣れたのだなと驚くやら、あきれるやら。

御句、原句のままでは、失礼ながら、「あ、そう、どうぞ」で終わってしまうかも。
そこで提案句は、そうはさせない、何か相手の心に引っかかるようにしたつもりです(本当は最後に「?」を付けたい)。どう捌く、とは、包丁でおろすことと、どのように分けるかを掛けてみました。
今まで、こういう掛詞がうまくいった試しがありませんが、今回はいかがでしょうか?

いずれにしても、食事は三度キチンととったほうが胃にはいいですよ!

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

飯も食わず地球の沙魚をすべて釣る

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

そういうことってありますよね。釣りすぎても後で困るのに、楽しくなってしまう。

御句、このままでは報告文なので(釣れるでも同じ)、どこに詩を作って受け手を楽しませるかを意識したいです。
たとえば大袈裟にしてみるなど。

・飯さへも忘れ沙魚釣る五万匹

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨入りか雲垂れの空霞む街

作者名 三男 回答数 : 1

投稿日時:

扇風機店の評判聞きつけて

作者名 文女 回答数 : 3

投稿日時:

一報目の桜前線予報かな

作者名 素一 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『飯さへも忘れる程に沙魚を釣る』 作者: たきさん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ