俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夏の日の父のシャツからバニラの香

作者 白南風  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

香水など気にしない父親からバニラの匂いがしました。
不思議に思ったら、姉が洗濯を担当するようになり、家の服がすべて姉の好みの匂いになりました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夏の日の父のシャツからバニラの香」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

こんにちは。白南風様、いつも勉強させていただいております。

御句、それまで他の方のアイスクリームの句を見ていたものですから、てっきりこれもシャツにアイスを付けてしまった云々の話かと思いましたら、洗剤の香料の話ですね?確かにあれって、香りが強いのがありますよね。

原句で気になったのが、お姉さんが洗濯を担当するようになったのがたまたま夏だったということで、句の中に季節感が感じられないため、このままでは俳句の舞台としては夏の日でなくても冬でもいいような気がしました。
そこで提案句ですが、お父上が炎天を歩いてきて、本来なら汗臭くなっているはずのシャツが、何故かバニラのいい匂い。なぜ?という設定にしてみました。これなら夏の暑さが活きると思いました。いかがでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

冬の蝶日なたを捜し彷徨へり

作者名 そうり 回答数 : 3

投稿日時:

西瓜の種丹念に取るじじの箸

作者名 かこ 回答数 : 4

投稿日時:

のんびりと歩ま犬と冬の土手

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夏の日の父のシャツからバニラの香』 作者: 白南風
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ