俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

紺碧の夏空低く飛ぶジェット

作者 なおじい  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

飛行機のルートが変わり、日によって家の上を旅客機が飛ぶようになりました。よろしくお願いします。

最新の添削

紺碧の夏空ジェット機の爆音

回答者 イサク

こんばんは。

考えても理由がわからないのですが、この取り合わせに違和感があってしっくりきませんでした。「紺碧の空」に「低く飛ぶジェット機」という映像が似合わないというか・・・

ということで、飛行機の姿をあえて表現しない方向で提案してみます。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

紺碧の夏空ジェット機が近い

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

飛ぶジェットで、ジェット機ってわかるじゃん!と言いたい気持ちはわかるのですが、略すことによって何か効果を狙っている場合を除いて、字数合わせに省略したなぁと感じてしまいます。考え方が分かれるところではありますが、「ジェット」だけでは、「ジェット機」と特定されませんので(わかるけど)、この略し方はよくないかなと思います。(「ワンピ」「撮り鉄」「ア二ソン」「バス停」とかの略語はまだ、確実に特定されるので許容されると考えていますが。それでも略さないほうがしっくりくる場合は略さない)

ただ、全体として紺碧で、夏の深ーい空を思うので、低空飛行のジェット機との距離感がうまく出ていると思います。(ただ、紺碧の空は南国だと思うので、沖縄のイメージがちょっとあ理、別のニュアンスが出てきます。が、それはそれで良いかと。)

添削というか僕が読むならという提案句

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「紺碧の夏空低く飛ぶジェット」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

6月の憂鬱のコメントありがとうございます。入れ違いでした。

自宅の本棚に、7月から本格的に取り組まねばならぬものが多く、前準備のためいろいろ読んだ本が積み上がってまして、それ見てると達成感よりこれからやんなきゃなぁという憂鬱を感じたが実景です。

ただ、別にそれを伝えたいというより、それぞれの6 月憂鬱が並ぶ本棚を勝手にイメージしてくれたらいいなぁという試みでした。
そういう意味では、想像してくれたのでうれしかったです。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

加茂の水清き流れの祓いかな

作者名 西風子 回答数 : 1

投稿日時:

冬雲や余白に白し姫路城

作者名 黒徹 回答数 : 4

投稿日時:

老猫はますます痩せて秋ついり

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『紺碧の夏空低く飛ぶジェット』 作者: なおじい
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ