俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鶯のとき経て遭うて時鳥

作者 西風子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

托卵の父子、子とも覚えず、父とも知らず。会うは別れのはじめなり。

最新の添削

鶯や時鳥の子育てけり

回答者 卓鐘

托卵というのを初めて知りました。時鳥は他の鳥に卵を預けてそたてさせるんですねぇ。勉強になりました。

卵の状態から時がたって雛がかえったてあうと時鳥だったという意味ですかね?分かりにくすぎです。。

句がなぞなぞでコメントはそのヒントみたいで。。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「鶯のとき経て遭うて時鳥」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

万葉集「うぐひすの卵の中にほととぎす~」からの作句ですかね?

正直なところ、ちょっと理解が追い付かない句になっています。

主役は「時鳥」だと思うのですが、それも万葉集からそう思うだけで、「鶯のとき経て遭う」とは・・・?言いたいことはわからなくもないのですが、コメントなしでこれを読むとするとちょっと・・・です。

映像が出ないので提案句もなしで・・・

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「鶯のとき経て遭うて時鳥」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

西風子さん、こんにちは。

僕は割とどのように作られた句でも自分なりの解釈を導き出すのですが、御句は何が詠みたいのか全く分かりませんでした。
どこかの短歌の本歌取り?をするにしても、その歌を知らない人が読んでも分かる(知っていたら尚面白くなる)ような句にして欲しいと思います。

点数: 0

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春の声私をスイスへお願い

作者名 森本可南 回答数 : 3

投稿日時:

父の遺品指矩ひとつ春の星

作者名 ヒロちゃん 回答数 : 3

投稿日時:

子供らは停電にはしゃぐ春雷

作者名 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鶯のとき経て遭うて時鳥』 作者: 西風子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ