俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅雨の雷泡くう猫や雲隠れ

作者 卯筒  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雷に驚き慌て隠れてなかなか出てこない我が家の愛猫を詠んだ句です。

最新の添削

飼猫の姿見えずや梅雨の雷

回答者 イサク

こんにちは。

私の「枯れ銀杏」の句にコメントありがとうございます。
あの句に「詰め込みすぎ」という表現はあまり合わないかと思いますので、もう少し言葉のお勉強を・・・
なぜあの古い句をわざわざ持ち出してきたのか、お心が気になりますが。

その前のコメントも、ケンカを売られているとは思っておりません・・・ただ、コメントを残すときはもう少し責任を持って、ということです。「深読みされても困ります」とありましたが、深読みはしていません。国語辞典は正しいと思います。

御句、拝読しました。
・下五「雲隠れ」は正しい意味で使ってますでしょうか?国語辞典で確認してみてください。
・「猫」が「隠れた」のならば、切れ字「や」で切ってはいけないものかと思います。
・「泡食う」「雲隠れ」の擬人法が説明的ですね。
・「雷」が鳴って「猫が隠れた」と、猫の行動の説明に季語を使ってしまっていますね。ここも句が説明的になっている要因と思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

曲がりゆく路面電車や春寒し

作者名 げばげば 回答数 : 6

投稿日時:

木の芽風祭の太鼓遠音聴く

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

ハンカチを被って歩く散策路

作者名 シゲ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅雨の雷泡くう猫や雲隠れ』 作者: 卯筒
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ