俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

1匹の蛇に塞がれし詫びの路

作者 松田まさこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

赴きのある路を散策していた時。一匹の蛇が道を塞いで通れなかった時の句です。

最新の添削

竹林の小路行きたし蛇をらねば

回答者 イサク

こんにちは。

・漢字間違いで「謝りに(詫びに)いくところを邪魔された」になっていますね・・・
・数詞は理由がなければ漢数字が基本です。縦書きを想定してください。PCやスマホでは縦書きを扱うのが大変なので横書きになりますが・・・
・コメントの「趣のある路」、句の「侘びの路」、その表現ではいずれも具体性がなく、景が見えません。
 蛇が出るということは山道?古道?それとも寺社の参道?旧花街の裏小路?旧街道?という風景を描写していかないと、句の受け手には伝わらないかと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

船を漕ぐ乙女に肩を夏の宵

作者名 かこ 回答数 : 11

投稿日時:

考えは泉のごとく溢れてる

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

蕗の薹ランチタイムの行列や

作者名 世良日守 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『1匹の蛇に塞がれし詫びの路』 作者: 松田まさこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ