俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ビニールの傘の下より見上ぐ梅雨

作者 卓鐘  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句勉強し始めて2年弱。初めて作区した句。作った当初は、こんなくらいしか出来ないなぁ難しいなぁと思っていたのですが、今振り返ると初めてにしてはというか、普通に悪くないんじゃない?と改めて思い投稿。(その後のやつは今見ると残念な感じ)
あまり進歩してないとも言える。ご意見・添削いただけると幸いです。

最新の添削

透明なビニール傘に梅雨写し

回答者 優子

卓鐘様
傘を外して空を見上げるのは、失恋ソングなどにもよく出てきそうですが、ビニール傘の中から見上げると、どんな感じなのでしょう?今度やってみたいと思いました。(厳しい添削が出来ずにすみません💦)それから、紫陽花の添削ありがとうございます。すみません、淡い恋が主役になって、紫陽花が季語なのに、引き立て役になってしまっておりました。気をつけます、

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ビニールの傘の下より見上ぐ梅雨」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

最初の句が悪くない、というのはあるあるですね。
そのあとしばらく、聞きかじった作法や小手先のテクニックで伸び悩む、という・・・

御句「ビニール傘を見通す雨」という発想はありがちと思いますが、下五「見上ぐ梅雨」という表現が初心者っぽくない感じです。
偶然か狙ってかわかりませんが「梅雨をまるごと見上げる」という豪快さと、「梅雨」で言い切って下五に納めるセンスがいいですね。

当時の卓鐘様に敬意を表して、添削なしでいただきます。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

泉底に重なり積もる斧いくつ

作者名 イサク 回答数 : 11

投稿日時:

いろいろな色がまざるや雪化粧

作者名 めい 回答数 : 6

投稿日時:

我百歳上がる血圧下がる腰

作者名 鳴石滉輝 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ビニールの傘の下より見上ぐ梅雨』 作者: 卓鐘
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ