俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

更衣古絹の匂ひ袋出づ

作者 ののか  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

古い箪笥にいつまでも古い絹の匂い袋が仕舞われています。衣服の出し入れをするたびに、目にします。まだお年寄りが元気です。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

色褪せし匂い袋や衣更

回答者 登盛満

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。
花菖蒲の句への添削いただきありがとうございました。昔の人の情景を想像してみての句を詠んでみたのですけど、挑戦し過ぎだったかと。難しいことをしました。
御句拝読させていただき、古絹はふるぎぬと読んで宜しいでしょうかと、そうすると中八になってしまうしなぁ〜と悩みました。コメントを読むと古い匂い袋の事かと思い、提案句を置かせていただきました。

点数: 1

添削のお礼として、登盛満さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

薬屋の隣は居酒屋冬の空

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

大寒の水脈船尾に絡みつき

作者名 藤井茂 回答数 : 3

投稿日時:

草餅をじつと見つめて去る童

作者名 イサク 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『更衣古絹の匂ひ袋出づ』 作者: ののか
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ