俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ラベンダー蝶の乗馬で右左

作者 乙姫  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ラベンダーと蝶々は季重ねになるのかもしれないが見た光景なので。どちらも入れたい。揺れているだと当たり前過ぎて右左にしたが、迷いはある。馬は前にしか行かないし、、、、

最新の添削

ラベンダー畑へ白き馬駆ける

回答者 イサク

おはようございます。

「見たものを入れすぎ」「当たり前を避けすぎ」て、意味がわからない句になっています。

句は意味がわからないのでコメントを頼りたいのですが「蝶が馬に留まっていて、馬が歩いていたので蝶が揺れていた」という意味でしょうか? 「自分が乗馬していて、ラベンダーも蝶も見た」という意味でしょうか? そういうレベルで意味がわかりません。

まずは句の材料の整理を・・・ご自身の意思も遊び心も大切ですが「入れたいから入れた」では・・・
まず、受け手に伝わらないと・・・

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ラベンダー蝶の乗馬で右左」の批評

回答者 大江深夜

句の評価:
★★★★★

どうもはじめまして。

個人的な考えですが季重なりは必然性があれば2つどころか10個以上入っていたって良いと思います。それよりも掲句が詞になっているかを再確認するほうが優先順位として高いのではと思いました。

点数: 0

添削のお礼として、大江深夜さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

登山馬乾ききる骸を踏んで

作者名 たーとるQ 回答数 : 3

投稿日時:

春荒れる映像の日々生きる意味

作者名 鎌田 潤一 回答数 : 3

投稿日時:

連なりて天に昇りぬ鯉のぼり

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ラベンダー蝶の乗馬で右左』 作者: 乙姫
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ