俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

八十路友出逢い識る作句5月時

作者 乙姫  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

先月5月に素敵な80代のご婦人に出逢いお友達になれた。彼女に俳句の魅力を教えてもらい、初めて俳句を作り始めた。彼女と俳句の出逢いを記念日として残したい。5月時「とき」としたのはそんな気持ちから。他にふさわしい言葉がありますか?

最新の添削

夏立ちて新たな友は八十二

回答者 イサク

おはようございます。

コメントで思いはわかりました。

とはいえ言いたいことを詰め込み過ぎです。
「八十路」「友」「出逢い」「識る作句」とあって、「五月時」という五音の季語?ですが、季語があまりにオマケになっているのも気になります。
せめて季語以外を「八十路の友」「友との出会い」「俳句との出会い」のいずれかぐらいまで整理した方がよいかと思います。
相応しい季語は、それに合わせてご自身で探した方が・・・歳時記と相談してみてください。

・祝いたる友の傘寿や風薫る
・八十を友と呼ぶ日や五月晴
・夏立ちて新しき友八十五
・俳諧を友に習ひて過ぐ皐月

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「八十路友出逢い識る作句5月時」の批評

回答者 大江深夜

句の評価:
★★★★★

どうも初めまして。

あまりにも色々な情報を詰め込み過ぎています。「五月時」というよくわからない季語も問題です。それ以前に本当に伝えたい事つまり1句の核になる部分をしっかり据えてから必要な事だけを足していったほうがよろしいかと思います。

点数: 0

添削のお礼として、大江深夜さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

花火待つ淀の川辺に人の波

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 4

投稿日時:

サーチライト眠れる山の向かう側

作者名 塩豆 回答数 : 5

投稿日時:

液晶の憂い小さし秋の空

作者名 慈雨 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『八十路友出逢い識る作句5月時』 作者: 乙姫
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ