俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

風薫るこころ清まる五十鈴川

作者 乙姫  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

新緑の五十鈴川にいると心が澄んで神様に会いに行く覚悟がきまる。

最新の添削

五十鈴川の水清くして風薫る

回答者 イサク

こんにちは。

中七「こころ清まる」がやはり、自分の内面で思っていることだけを説明してしまっているように感じます。
何が自分のこころを清くしたのか? それを季語「風薫る」+「五十鈴川」+αで描写できるとよいと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

朝涼に汲む水清し五十鈴川

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

「風薫る」も「五十鈴川」も光景が浮かぶので、分断されるのが気になりました。
また、中七「こころ清まる」が曖昧な表現になっているので、水で手を洗うとか顔を洗うなどの具体的な動作を見せて、伊勢に参拝する前に、身も心も清めていることを思わせるのがいいと思います。

手直し句は、「風薫る」を光景を持たない季語「朝涼」に変えて汲む水が清しいことで、五十鈴川が出てくることで、参拝前の清めを想像してもらえるようにしてみました。うまくいったかどうか。。。

点数: 0

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

失恋にプレタブの音缶ビール

作者名 コウ 回答数 : 5

投稿日時:

荒梅雨にもんどり打つかマンホール

作者名 いなだはまち 回答数 : 7

投稿日時:

朝寝かな鳩が知らせる淡い青

作者名 山田歳勝 回答数 : 3

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『風薫るこころ清まる五十鈴川』 作者: 乙姫
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ