俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

葉に落つる雨の雫や天道虫

作者 負乗  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「天道虫」の季題で。
古典と竸する気持ちで、敢えて…
厳しくして下さい。

最新の添削

「葉に落つる雨の雫や天道虫」の批評

回答者 はちこ

あかんのは「落つる」雨なんだから落ちるのは当たり前では?雨の雫は雨雫でOK。「の」は不要。ちゃんとした意味のある単語なので時間に余裕があれば調べてどうぞ。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、はちこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

葉へ落つる雨に流れよ天道虫

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

葉の上の「雨の雫」、「雫」は書かなくてもいい気がします。「や」は残してもいいですが変えてもいい、ということで「の雫や」全部で五音分、何かに使いたいですね。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

葉へ落つる雨に逆らひてんと虫

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

負乗さん、こんにちは。

僕も「雫」は不要派です。天道虫が句の主役なので、三文字かけて雨の状態を描写するくらいなら他の部分を気にかけたいですね。
助詞「へ」の使い方にもよりますが、「落つる」も省略出来そうです。そうするともっと深く天道虫に向き合わねばなりませんので、作句の難易度は跳ね上がります。
天道虫の様子、状態、動きを観察して、負乗さん特有の気付きを句に盛り込めれば、更に良くなっていく句だと思います。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

動かずに雫を纏ふ天道虫

回答者 よし造

句の評価:
★★★★★

季語とその他の措辞との関係性が分からない。分からない部分は読者に任せるというのは、俳句のむしろあり方ですが、平明派の私としては分かるようにしたい。
提案句です。

点数: 0

添削のお礼として、よし造さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

暮るる秋反魂香のかほり聞く

作者名 ケント 回答数 : 4

投稿日時:

秋灯火卓に転げしモンブラン

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

嫌なのに何故か点入れ春来たる

作者名 優子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『葉に落つる雨の雫や天道虫』 作者: 負乗
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ