俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

あごまでの湯視線の写す若葉かな

作者 鎌田 潤一  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

深めの露天風呂に使って目を開くと、軒下に裏山の美しい若葉が長方形に切り取られて見えた光景を読んだ句です。

最新の添削

あごまでも湯に浸かりけり山若葉

回答者 イサク

こんばんは。

中七「視線の写す」、七音使って「見る」ことを難しく言ってみたのだと思いますが、字余りするくらいなら「見る」でよいかと思います。
本当は「見る」も削りたい(書かなくても「見えている」ことはわかるので)ところです。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

社会科の先生ころぶ運動会

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

冬越しの雀のんびり日永かな

作者名 善友 回答数 : 0

投稿日時:

ひこばえの頷く姿雨の露

作者名 佐渡 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『あごまでの湯視線の写す若葉かな』 作者: 鎌田 潤一
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ