俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

彼岸花母に手向けて風に揺れ

作者 恵寿  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

句意)亡き母の墓に彼岸花を添えました 
彼岸花はまるで母からのお礼のように風に揺れました 

初めて俳句の二句目です これで読み手に伝わるのか分かりません 添削をよろしくお願い致します

最新の添削

亡き母よ風に咲える彼岸花

回答者 ハオニー

伝わってはいます
「手向け」のおかげで分かる面もありますし、そのせいで理屈っぽい面も出ています

なんといっても「手向け」という表現が説明的なんですよね
川柳なら説明っぽくなっても分かりやすくすることに比重を置くようですが、俳句は目の前の映像を自分の目に映ったまま表現することが大事です
彼岸花が風に揺れる、と言いたいはずなのに、「母に手向けて」が間に来ることで映像が分断されることも気になります

彼岸花が風に揺れて、亡き母が笑ってくれたのかもしれないと重ね合わせるなら、「咲(わら)う」という擬人化が一番です
彼岸花は咲いていて当然ですが、「咲う」を使うだけの理由を作れそうですから、覚悟して使いましょう 擬人法は失敗すると無残なことになるテクニックですから
「手向け」を消すと、母が生きているのか亡くなっているのか分からないため、はっきり「亡き母」とします
風、揺れる、音数の都合上片方しか使えないため、「風」にしました

余談
体言止めのほうが、動詞で終わるよりも余韻がある気がする

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

風に揺れ母の墓前の彼岸花

回答者 腹井壮

大浦美津子さん、こんにちわ。

>彼岸花はまるで母からのお礼のように風に揺れました

この「母からのお礼のように」までは詠みこむ実力はありませんでした。

おそらく内容や情報量からすると短歌で詠まれたほうがよろしいのかと思います。

ただ動詞は減らす事はできますのでこのような形になりました。

句意に沿えずに申し訳ありません。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋の星一四歳の母になる

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

春ともし寺に大雅の書の残り

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

夕焼けやトンネルの中も夕焼けぬ

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『彼岸花母に手向けて風に揺れ』 作者: 恵寿
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ