俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

かぎろひてふるさと遠き地平線

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

日本で(北海道を除く)地平線なんて見られない・・・というつっこみなしでお願いします

最新の添削

「かぎろひてふるさと遠き地平線」の批評

回答者 はちこ

広大な土地で遠くまで陽炎が漂っているような、そして故郷を思う気持ちがよく表れていると思います。コロナ禍の世情ともうまくリンクしてるように思えます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、はちこさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

離郷二千里かげろふの地平線

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。

イメージがつきやすい句です。
ただ、「かぎろひて」この上五が自分はかなり気になりました。「かぎろへる」の方が僕的にはしっくり来ます…正直文法は自信が無いので感覚でしか物を言えないのですが。

地平線に突っ込むのはナシとの事ですので、明らかに日本じゃないであろう距離感を出してみました。

点数: 2

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

「かぎろひてふるさと遠き地平線」の批評

回答者 優子

句の評価:
★★★★★

イサク様
何処か懐かしくなるようなそんな印象を受けました。それから添削ありがとうございます。蛙が男性の様に早乙女を搜す、何となく恥ずかしくなってきました、気を付けます、

点数: 1

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋日濃し延命水を口にして

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

濁流にもまれても立つ濃紫陽花

作者名 黒徹 回答数 : 0

投稿日時:

吹き荒ぶ一跳山へ波の花

作者名 74 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『かぎろひてふるさと遠き地平線』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ