俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

伽藍の上山藤の瀧現はるる

作者 ここちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今年もまた裏山に山藤の薄紫色が広範囲に見られる時期になりました。

最新の添削

山藤や山より出でて瀧のやう

回答者 イサク

おはようございます。

・「伽藍の上」・・・字余りしているわりには、あまり効いていないと思います。「山藤」に、「伽藍」という場所情報が必要かどうか再検討です。
・「現はるる」・・・他の箇所で「現れている」のはわかるので、五音の無駄使いになっています。こだわりがなければ、他の要素を入れた方が良いです。
・「瀧」・・・御句では大丈夫ですが、これはこれで季語ですので、再検討の際に本物の「瀧」に誤読されないようにご注意ください。

提案句を置いておきます。場所情報としては「伽藍」よりも「裏山」の方が良いと思うので・・・

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

七夕やあえかなる念浮き立ちて

作者名 みちのく 回答数 : 0

投稿日時:

茄子の馬行きも帰りも地獄郷

作者名 三月幸暁 回答数 : 4

投稿日時:

通勤の電車の空きて夏休み

作者名 くまた 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『伽藍の上山藤の瀧現はるる』 作者: ここちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ