俳句添削道場(投句と批評)

大泉洋二郎さんの添削投稿の古い順の5ページ目

木々の色映す波紋や落葉風

回答者 大泉洋二郎

添削した俳句: 木々の色映す湖沼へ落葉風

大泉洋二郎です。
失礼ながら御句への添削にチャレンジさせていただきます。

なんとなくですが湖沼へのリズムがひっかかりました。
また風は必ずどこかへ向かいますので「へ」の必要はないように感じました。
「や 」でもいいかと。

添削句の波紋と風は近いと言われそうですし景を狭めているかも知れませんが。
失礼いたしました。

点数: 2

回廊の柱艶やか小六月

回答者 大泉洋二郎

添削した俳句: 回廊の艶ある柱寺小春

大泉洋二郎です。
提案句にチャレンジさせていただきます。

寺小春に違和感がありすので小六月と下五を押さえてみました。
回廊と言えば寺と言わずとも想像してもらえるかと思います。

添削の力量はありませんので「提案句」とさせていただきます。
失礼しました。

点数: 0

朝市の終はりを告ぐるゆりかもめ

回答者 大泉洋二郎

添削した俳句: 朝市の終りし港ゆりかもめ

大泉洋二郎です。
提案句にチャレンジします。

素敵な景色や音が浮かびます。
ですがやや詩情が足りないと感じました。
ゆりかもめで港は想像してもらえるとも思いました。
失礼しました。

点数: 0

俗名と戒名をるや日向ぼこ

回答者 大泉洋二郎

添削した俳句: 日向ぼこすでに戒名持つ人と

大泉洋二郎です。
提案句を失礼します。

「すでに戒名持つ人」は戒名の一言で足りるかもしれません。
失礼しました。

点数: 1

自販機に冬の銀河の落ちる音

回答者 大泉洋二郎

添削した俳句: 自販機に銀貨チャリンと冬銀河

大泉洋二郎です。
提案句を失礼します。

中七が普通な感じがします。
提案句はあえて「に」で受け止め現代語で表現しました。
失礼しました。

点数: 1

大泉洋二郎さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

寅さんやめでたいはずのお正月

回答数 : 0

投稿日時:

寅さんを四十九作寝正月

回答数 : 1

投稿日時:

卵酒まずいお弁当は卵焼き

回答数 : 1

投稿日時:

味付けは素材生かしてお節とす

回答数 : 4

投稿日時:

にぎやかな足跡たのし霜だたみ

回答数 : 2

投稿日時:

大泉洋二郎さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

心晴れ道辺の草の青みたる

作者名 博充 回答数 : 3

投稿日時:

白鷺や水面手練れのスナイパー

作者名 たきさん 回答数 : 2

投稿日時:

布団干す遠嶺にかかる白き雲

作者名 よし造 回答数 : 4

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ