俳句添削道場(投句と批評)

大泉洋二郎さんの添削得点の高い順の2ページ目

「ばうばうと女陰に火の手やななかまど」の批評

回答者 大泉洋二郎

添削した俳句: ばうばうと女陰に火の手やななかまど

おはようございます。大泉洋二郎です。
玉ころがしの句への添削ありがとうごさいました。青空で景色がひろがりますね。

点数: 1

「寺の塔大河に尖る野分痕」の批評

回答者 大泉洋二郎

添削した俳句: 寺の塔大河に尖る野分痕

おはようございます。大泉洋二郎です。
プログラムの句ですが言われてみればそうですね。失礼しました。

点数: 1

「寺の塔大河に尖る野分痕」の批評

回答者 大泉洋二郎

添削した俳句: 寺の塔大河に尖る野分痕

大泉洋二郎です。
添削ありがとうごさいます。
お国柄にしますと日本ぽくなりそうな気がしまして。でも添削いただいた句のほうがリズム感がありますね。

点数: 1

「村一つまるごと呑みて野分去る」の批評

回答者 大泉洋二郎

添削した俳句: 村一つまるごと呑みて野分去る

大泉洋二郎です。
なんだ!芋煮会か!と下五で裏切る展開を
めざしましたが失敗ですね。
添削ありがとうごさいます。

あれだけテレビで警鐘を鳴らしても亡くなる方がいらっしゃいました。
ご冥福を祈るとともに行方不明の方の早期発見を願うばかりです。

点数: 1

「雨と風の捻れ来るや大野分」の批評

回答者 大泉洋二郎

添削した俳句: 雨と風の捻れ来るや大野分

はじめまして。大泉洋二郎です。
配給は私の場合は戦争前後や生活困窮者を想像させる言葉です。
お言葉ありがとうごさいます。

点数: 1

大泉洋二郎さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

寅さんやめでたいはずのお正月

回答数 : 0

投稿日時:

寅さんを四十九作寝正月

回答数 : 1

投稿日時:

卵酒まずいお弁当は卵焼き

回答数 : 1

投稿日時:

味付けは素材生かしてお節とす

回答数 : 4

投稿日時:

にぎやかな足跡たのし霜だたみ

回答数 : 2

投稿日時:

大泉洋二郎さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

春うららきらめく波の松島や

作者名 のんき 回答数 : 1

投稿日時:

大あくび涙垂れそな春の月

作者名 三角すい 回答数 : 1

投稿日時:

蝶追ひて軋む木橋を渡りけり

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ