俳句添削道場(投句と批評)

林さんの添削最新の投稿順の2ページ目

「木々流る車窓に虹のうすれ際」の批評

回答者

添削した俳句: 木々流る車窓に虹のうすれ際

車窓から、景色を眺めていたら木がだんだんと流れていき虹のように見えたと。
そのような句だと私は思いました。

点数: 0

「おもしろうてやがてかなしき句会かな」の批評

回答者

添削した俳句: おもしろうてやがてかなしき句会かな

 感想を有り難う御座いました。
腹胃壮さんの俳句を拝読しました。
季語の無い句ですが、感情を上手に表現されたと思います。

指摘事項: 無季俳句

点数: 1

林さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

グズグズと鍋に具を入れ芋煮会

回答数 : 1

投稿日時:

渡り鳥みえし異国の景色かな

回答数 : 3

投稿日時:

雨やまず白く霞んだ秋の空

回答数 : 0

投稿日時:

ガスコンロ塩控えめに秋刀魚焼く

回答数 : 1

投稿日時:

旅を行く馬も水飲む天の川

回答数 : 4

投稿日時:

林さんの添削依頼2ページ以降を見る

その他の添削依頼

雪消えて満ちる山路やわくわくし

作者名 笙染 回答数 : 5

投稿日時:

春雨や煤色の街ながすよに

作者名 ワイス 回答数 : 2

投稿日時:

炎天や剣高々に闘牛士

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 6

投稿日時:

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ