俳句添削道場(投句と批評)
つちや郷里さんのランク: 師匠145段 合計点: 553

つちや郷里さんの俳句添削依頼

最新の投稿順に並んでいます。回答が付いた投稿が先頭に移動します。

牡丹散ればふたたび雨の小庭かな

回答数 : 7

投稿日時:

風光る帰路や富美男の句集提げ

回答数 : 8

投稿日時:

桜蘂降るや遊具の撤去跡

回答数 : 13

投稿日時:

ベランダで煙草ルートビア片手に

回答数 : 6

投稿日時:

椿よしここの歯医者は痛くない

回答数 : 11

投稿日時:

つちや郷里さんの添削

「オレを焼き殺す寒晴の太陽」の批評

添削した俳句: オレを焼き殺す寒晴の太陽

幸福来々さんこんにちは。

御句
インパクトのある句ですね。
こういうのはどうでしょう。
・『オレを焼き殺すかに寒晴の陽は』
「は」で終わらせて余韻を出しました。

またよろしくお願いします。

点数: 1

「若き人杖ゆく先に冬さくら」の批評

添削した俳句: 若き人杖ゆく先に冬さくら

竜子さんこんにちは。

御句
若い人が杖をついているという情景は、胸にくるものがありますね。
こういうのはどうでしょう。
・『若き人の杖へ一片冬さくら』

またよろしくお願いします。

点数: 1

「蔵唄を祝詞と捧ぐ寒造り」の批評

添削した俳句: 蔵唄を祝詞と捧ぐ寒造り

気まぐれ亭さんこんにちは。
山茶花の句へのコメントありがとうございました。

御句
蔵唄を祝詞として寒造りの酒へ捧げるという発想は良いですね。
季語への尊敬の念が大いに感じられます。

蔵唄はいわゆる酒造り唄のことだと思いますが、酒をあらわす季語を使った句で酒に関連する言葉を使うのは、少々野暮な気がします。私の個人的な意見というか考え方ですが。お気に障りましたら申し訳ありません。
句自体はきっちりとできていると思うので、一句一遊の兼題ではありますが、提案句を書くうえで季語の方を変えさせていただきます。

例えば、時間情報を入れてみるというのはどうでしょう。
・『蔵唄を祝詞に冬の明けの星』
・『蔵唄を祈りの唄として寒暁』

またよろしくお願いします。

点数: 2

「湯気たちて元旦の香の厨かな」の批評

添削した俳句: 湯気たちて元旦の香の厨かな

卓鐘さんあけましておめでとうございます。

御句
良い句だと思います。
「元旦の香」とすることで、いろんな香りを想像させる工夫がありますね。
このままでもいいですが、「湯気」と「厨」をくっつければ、もっと映像がスムーズになりそうです。

・『元旦の香る湯気立つ厨かな』
ただ、これだと「香る」「立つ」と動詞が続いてせわしない感じになるので
・『元旦の香れる湯気の厨かな』
こんな感じでいかがでしょうか。

今年もよろしくお願いします。

点数: 2

「年玉のチャリンと響き募金箱」の批評

添削した俳句: 年玉のチャリンと響き募金箱

慈雨さんあけましておめでとうございます。
去年今年の句へのコメントありがとうございます。

新年早々、立て続けに大変なことが起きてますね。
なんとか平穏な一年であってほしいです。
御句ですが、お年玉を募金するという発想は良いと思います。
「響き」ではなく「響く」でいいと感じました。

今年もよろしくお願いします。

点数: 3

つちや郷里さんの添削2ページ以降を見る

トップページへ
添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ