短歌添削道場(投句と批評)

添削と批評一覧最新の投稿順の27ページ目

花桃の伊那谷歩む花嫁はベールダウンも美しき吾子

回答者 青蓮

添削した短歌: 伊那谷をベールダウンで歩む吾子嫁ぎし里は花桃のころ

ご結婚おめでとうございます。お父様の感慨も伝わってくる素敵なお歌ですね。花桃がまさに花を添えているようです。
元歌では、「伊那谷」と「里」の重なりに「花桃」が来ることで、どちらかというと伊那谷について詠まれている印象を受け、「ベールダウン」という語が浮いてしまうように感じましたので、視点を思いきってご息女に切り替えてみました。ただ「ベールダウン」という語を含むことを前提としました。里は伊那谷と被るので省き、花の韻でリズムを整えてみました。失礼しました。
元歌は十分素敵なお歌です。お孫さんの誕生が楽しみですね。

点数: 2

「きみ恋しなくも届かぬはぐれ鳥小枝をゆらす秋の夕暮れ」の批評

回答者 青蓮

添削した短歌: きみ恋しなくも届かぬはぐれ鳥小枝をゆらす秋の夕暮れ

とても素敵なお歌と存じます。情景も目に浮かぶようですし、リズムもよいですね。
ひとつ気になるのは、「なく」を平仮名にされたのは、「泣く」と「鳴く」をかけられたのでしょうか。でしたら、このままで。特に意味がないようでしたら「鳴く」の方が情景がはっきりしてくるのかな・・・と。

点数: 2

添削依頼をする!

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

▼添削依頼された短歌の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

短歌添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ