小説のプロット相談掲示板

アームドモンスター 案3 (No: 1)

スレ主 和田慶彦 投稿日時:

目的:趣味で書く

要望:おもしろいか教えて下さい!

キャッチコピー:英雄譚に憧れた女の子がロボットに乗って英雄を目指す話

カテゴリー:SF

あらすじ

1~5:案2と同じ
6:ステラはホーリーと一緒に依頼を受ける。ステラが暴走するたびにホーリーがフォローするというパターンが続く。様々な人々に呆れられながら何とか仕事をこなしていくステラ。ある日、村を襲う盗賊退治の依頼を受ける。盗賊たちを容赦なく殺す仲間達を止めようとするが、お前一人で勝手に手加減していろと言われる。アームドモンスターに乗った盗賊を生け捕りにしようとするが返り討ちにされ、ホーリーに助けられる。投降する盗賊達。盗賊たちを村に連れて行ったあと、全員処刑されるだろうという話を聞き盗賊たちを解放するが盗賊たちはステラに暴行を加え、人質にして逃げる。潜伏先を見つけたらステラを犯そうという話をする盗賊たち。その時ホーリーが現れて、盗賊たちを皆殺しにする。その後、仲間に殴られ、いい加減にしろと言われるステラ。ホーリーはステラの思想を嫌いじゃないと慰める。
6:冒頭のボスモンスターが回復し、人類の領域に向かって侵攻してきているという情報が出て、ハンターギルドから緊急招集がかかる。ギルドは街を放棄することを決定した。ステラは避難誘導などの後方支援をするように言われる。罠の設置などの下準備を終えて宿に戻ると、ステラの両親が訪ねてくる。こんな危険な場所からは離れて実家に帰ろうと言われるが、拒否するステラ。
避難誘導が終わるが、避難できるのは一部の上流階級だけで、下層民は置いていかれる事を知った。街に残って戦うことを決意したステラ。両親が再びやってきて助けられるのはこれが最後だというが、ステラは拒否する。両親はあ諦めて去る。ホーリーに一緒に頑張ろう、と言うが、ホーリーは無理です、ここでお別れです。と言ってステラの下を離れる。
7:次の日、一機でモンスターを迎え撃とうと意気込むステラだが、モンスター達は街を逸れて進軍する。ホーリーはボスモンスターが自分を狙っているのだと予測し、街から離れたところで迎え撃っていた。先日と違い取り巻きのモンスターも居る中でのボスモンスターとの戦いに苦戦する。その時、ステラが助けに来るが、ほとんど意味もなく2機ともボロボロになる。でもこれで町は守られたのだと満足するステラ。その時、ガルドや今まで組んできた仲間達が援軍に駆けつけてくる。通常モンスターを駆除し、篝火をボスモンスターにぶつけるために援護する仲間達と篝火の護衛をするステラ。ボスモンスターを倒し、町は守られる。
8:避難していた人々が戻ってきて町は復興し、ボスモンスターにかけられた賞金を残った皆で山分けする。ホーリーはいつものようにステラの傍に佇む。二人の冒険は続く。
終わり

キャラクター

案2の別案なので基本的に案2と同じです。

作者コメント

これで最後です。ご意見お待ちしております

案2のホーリーと分かれる展開を消し、よりコミカルにした
案2で本来書きたかったのはこんな感じの話

問題点
物語的な緩急に欠ける
5:ステラはホーリーと一緒に依頼を受ける。ステラが暴走するたびにホーリーがフォローするというパターンが続く。様々な人々に呆れられながら何とか仕事をこなしていくステラ。 の具体的な展開が思いついていないため見切り発車になる

この小説に意見を書く!

他の批評依頼

アルストロメリア

投稿者 紫村果汁 返信数 : 3

投稿日時:

設定に穴がないか心配です!鋭い質問などお待ちしております! 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

▼おすすめ小説!

役立たずの魔物使いは、卵を背負って旅に出る。

投稿者 ふ じ た に 返信数 : 4

投稿日時:

いつも公募で一次選考通過どまりなことが多いので、話作りの段階で評価を伸ばせる余地があるなら、直して二次選考通過を目指したいと考えてお... 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

異世界最強のクリティカル・バッファー

投稿者 ソラナキ 返信数 : 6

投稿日時:

もっと設定を煮詰めたいです。ダークファンタジー風味にしたいので、ご意見お願いします。 続きを読む >>

目的:趣味で書く

要望:一緒に作品を作って欲しいです!

カテゴリー:

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル:アームドモンスター 案3 投稿者: 和田慶彦

これで最後です。ご意見お待ちしております

案2のホーリーと分かれる展開を消し、よりコミカルにした
案2で本来書きたかったのはこんな感じの話

問題点
物語的な緩急に欠ける
5:ステラはホーリーと一緒に依頼を受ける。ステラが暴走するたびにホーリーがフォローするというパターンが続く。様々な人々に呆れられながら何とか仕事をこなしていくステラ。 の具体的な展開が思いついていないため見切り発車になる

コメントは4500文字以内。
良かった要素(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

小説のプロット相談掲示板の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ