俳句クラブ『今日の一句』。俳人友達の交流掲示板

季語を詠む《一》 (No: 1)

スレ主 一本勝負の悠 : 0 70代以上 投稿日時:

◆ 冬ざれ ◆

万物枯れて荒涼とした様子

例句

冬ざるる夜の木更津甚句かな

清水基吉

冬ざれや乾きて白き河原石

村田近子

冬ざるる残留孤児のイヤリング

高木篤子

冬ざれの文士の墓は石ひとつ

松宮幹彦

俳句自習帖

・見ると観るの違い

見るというのは肉体の目で見ること
観るは観察の観で表面のみではなく
心の認識まで至る、いわば心眼で対象に迫ることを指す

俳句は対象の本質を認識し直観し
575の詩で表現するものですから
見るのではなく観ることが大事です

よろしければ冬ざれで一句どうぞ

今日の一句

生きもせずくたばりもせで冬ざるる

カテゴリー: 俳句の作り方

この投稿に返信する!

季語を詠む《2》 (No: 2)

スレ主 一本勝負の悠 : 0 70代以上 男性 No: 1の返信

投稿日時:

季語を詠む 2

・侘助/わびすけ
三冬

侘介

ツバキ属のなかでは、葉も花も小ぶり。白、紅、しぼりなどの一重が半開きに咲く姿は日本人好みで、茶花としても重用されている。

侘助に斜めの日差しとどきけり 大西 土水

侘助の二つの花の一つ落つ 都甲 君子

もつるるは白侘助の心の緒 長谷川秋子

竹林を逃げし日ざしの侘助に 上村占魚 『石の犬』

利休忌の山内松と侘助と 皆吉爽雨

インタビュー受く侘助を活けにけり 堀恭子

侘助や褪せし葉書の男文字 谷口桂子

白侘助遺言二十七行半 塚本邦雄 甘露

侘助は一輪ざしに似合うもの 高浜年尾

侘助に風立つゆふべもの食べに 鍵和田釉子

侘助や独りの刻の真白に 加藤知世子

年つまる黒侘助の花一つ 松村蒼石 雁

・One point

俳句はへらず口である
云いたいことを云うべし

老はいやしぬこともいや年忘れ
風生

富安風生
1885~1979

愛知県八名郡金沢村生まれ

東大入学後、水原秋桜子、山口青邨らと東大俳句会を興す。
高浜虚子に師事し、ホトトギス同人となる。
卒業後は逓信省役人となり、次官を定年退職後は句作三昧の生活に入った。

侘助で一句どうぞよろしく。

今日の一句

侘助や老人ホームの壁飾る

季語を詠む (No: 3)

スレ主 一本勝負の悠 : 0 70代以上 男性 No: 1の返信

投稿日時:

季語を詠む 《3》

・冬林檎

冬林檎/ふゆりんご
三冬

寒林檎

林檎の収穫は秋に
終わるが、収穫
後に凍結しない
程の低温に貯蔵
して冬に食べる。

まつさらな空がいちまい冬林檎 市原光子

思慮深し鏡の中の冬林檎 大竹広樹

刃をあててかがやきが増す冬林檎 今瀬剛一

二番目の孫は女よ冬林檎 小俣由とり

病者あれば小さき幸欲し冬林檎 角川源義

実の緊まりよき冬林檎真二つに 橘川まもる

あかあかと柩の底に冬林檎 藺草慶子

冬林檎宇宙ひろがる話して 鎌倉佐弓

俎を傷つけて割る冬林檎 今瀬剛一

不平あらば壁に擲て寒林檎 日野草城

机上の林檎一つあかるし冬の真夜 原 裕

ひとり剥く冬の林檎を廻しつつ 林 桂

黒きまで冬の林檎や養母の忌 川口重美

One point

風が吹く仏来給ふ気配あり

高浜虚子

虚子の句は、その時の気持ちをストレートに剛直に詠んだ句が多い。
決して上手く詠もうとしていない。大事なことです。

冬林檎//寒林檎で一句どうぞよろしく。

今日の一句

冬林檎噛めばをんなのせつながり

投稿に返信する!

他の投稿一覧

与謝蕪村の俳句についてご質問がございます。「釣鐘にとまりて眠る胡蝶かな」という句について

投稿者 かぎろい 回答数 : 2

投稿日時:

「釣鐘にとまりて眠る胡蝶かな」という句について この句の表記についてですが 「釣鐘にとまりて眠る胡蝶かな」と「釣鐘にとまりて... 続きを読む >>

添削道場秀句集《 一》

投稿者 一本勝負の悠 回答数 : 73

投稿日時:

◎扇風機羽を休めて涼みをり 作者 新米  投稿日 2017年08月18日 ◆寸評 涼風を送る務めの扇風機が、羽を休... 続きを読む >>

今日の一句:だれも居ぬ室でイヤイヤ扇風機

兼題は「色」で皆様の一句を

投稿者 腹胃壮 回答数 : 5

投稿日時:

締め切りが終わっていますが湯河原文学賞の今年の兼題は「色」でした。そこで皆様ならどんな句を詠むのか知りたくスレを立てました。季語の中... 続きを読む >>

今日の一句:入学や金具眩しきランドセル

▼書き込みの検索

▼投稿者の検索

トップページへ
返信する!以下は元記事

タイトル: 季語を詠む《一》 投稿者: 一本勝負の悠

今日の一句: 生きもせずくたばりもせで冬ざるる

◆ 冬ざれ ◆

万物枯れて荒涼とした様子

例句

冬ざるる夜の木更津甚句かな

清水基吉

冬ざれや乾きて白き河原石

村田近子

冬ざるる残留孤児のイヤリング

高木篤子

冬ざれの文士の墓は石ひとつ

松宮幹彦

俳句自習帖

・見ると観るの違い

見るというのは肉体の目で見ること
観るは観察の観で表面のみではなく
心の認識まで至る、いわば心眼で対象に迫ることを指す

俳句は対象の本質を認識し直観し
575の詩で表現するものですから
見るのではなく観ることが大事です

よろしければ冬ざれで一句どうぞ

コメントは4500文字以内。

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

ページの先頭へ

俳句クラブ『今日の一句』の使い方・利用規約(必ずお読みください)。お問い合わせ

関連コンテンツ