俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

残月やラジオの中の死者のこゑ

作者 加良太知  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

1945年8月の日本の敗戦時に、天皇が読み上げた終戦の詔書をラジオで聞く場面。

最新の添削

玉音の流るるラジオ昼の月

回答者 秋沙美 洋

こんにちは。
残月(または有明月)は夜明け頃の月を指すそうです。一方、玉音放送は1945年8月15日の正午に放送されました。ここは「昼の月」とした方が良いかと思います。

それは一旦置いとくとして、イサクさんが言うように、この句だけで「玉音放送を聞く場面」という句意を掬い取るのは不可能です。現代の我々から見たら昭和天皇は死んだ人ですが、この句は昭和天皇が生きている1945年8月15日の光景を詠んでいるんですよね?
それを抜きにしても天皇の声を「死者の声」とするセンスは如何かと。

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「残月やラジオの中の死者のこゑ」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

この句を見て「終戦の日」とは思わないと思いますが・・・

コメントから、ラジオで語ったのは誰かというのはご存じの様ですね。それを「死者のこゑ」と比喩するセンスは、正直、受け入れられません。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雪晴や合否通知のずつしりと

作者名 はちゃ 回答数 : 1

投稿日時:

落とされし蜂の巣を蜂離れざる

作者名 よし造 回答数 : 3

投稿日時:

助六の稲荷に塩気麒麟草

作者名 たーとるQ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『残月やラジオの中の死者のこゑ』 作者: 加良太知
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ