俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

君に逢ひ床に広がる花衣

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

またまた、恥ずかしげもなく一句❤こちらの方が景色が綺麗かな✴
でも、切れはありませんね✨(*^^*)🎶❤

最新の添削

「君に逢ひ床に広がる花衣」の批評

回答者 腹井壮

かねまっこさん、こんにちわ。いつも添削や御意見ありがとうございます。読み手に想像させようという意図はわかるのですがその割に説明が多いですね。かぬまっこさんなりのイメージで再構築してみてはいかがでしょうか。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋時雨まんだら青の空仰ぐ

作者名 こま爺 回答数 : 0

投稿日時:

レース越しやはらかな陽を冬の蠅

作者名 猫山竹 回答数 : 7

投稿日時:

街灯にぽうと緑のまざりけり

作者名 卓鐘 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『君に逢ひ床に広がる花衣』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ