俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

老木に寄添い眠る春の猫

作者 ツユ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春の柔らかな日差しのもと眠る猫を見ながらの句です。
初心者で拙い部分が多いので添削お願いします。

最新の添削

老木に寄添い眠る春の猫の批評

回答者 三日酔いの防人

ツユ様、おはようございます。なかなか良い句かと思います。春の猫が眠る、春の猫という季語から、ついつい盛りがついた様子を想像するだけにスヤスヤと眠る様子に焦点を当てたことは素晴らしいと思います。一点、上五で『老木に』としておりますので猫が木に寄り添っているのか、二匹の猫が木の根元で寄り添っているのか、私は二匹が寄り添っているように感じました。
私も一句失礼致します。
老木や添い眠る春の猫二匹

点数: 3

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「老木に寄添い眠る春の猫」の批評

回答者 腹井壮

ツユさん、こんばんわ。腹胃壮と申します。はじめまして。
老木と春猫の取り合わせはいいと思います。ただ、春に寝るの発想は現実の事であれあまりにもありふれているので少々工夫が必要になります。

老木の根元春猫の寝言

五七五の定型から外れた破調という手法を使い寝ている様子を「イビキ」で表現しました。ちなみに猫も寝言を言います。

点数: 2

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

探梅や行き着く丘に椅子ふたつ

作者名 東次郎 回答数 : 1

投稿日時:

オキナワの溽暑あの日の鉄の雨

作者名 南風の記憶 回答数 : 0

投稿日時:

雲を南へ掃き茅花流しかな

作者名 かぬまっこ 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『老木に寄添い眠る春の猫』 作者: ツユ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ