俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

瞼からポインセチアが離れぬ夜

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

俳句生活初投句で無事人選まで残りました。
ここでアドバイスいただいたみなさまのおかげです。ありがとうございます。
いちおう先生の好みまで考えた上での投句でしたが、比較的狙っていなかった二句が採用されておりました。まだ精進が足りないようです。
引き続き、よろしくお願いします。

投句の方は今とっさに心情を詠んだ句で、応募したものではありません。

最新の添削

「瞼からポインセチアが離れぬ夜」の批評

回答者 翔子

イサク様
イサク様、添削ありがとうございます☺️✨ヤフーで調べたところ、冬休みと大掃除は今のところ、冬の季語みたいです。いちいちすみません💦

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「瞼からポインセチアが離れぬ夜」の批評

回答者 翔子

句の評価:
★★★★★

イサク様
赤のポインセチアでしょうか?きっと印象深かったのでしょう。それから、冬電車のコメントに共感してくださり、ありがとうございます。もしかしたら、昨日見た劇場版鬼滅の刃の、無限列車とも被って冬の夜行電車が、異次元に行くような現象を見たのかもしれません。

点数: 1

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

「瞼からポインセチアが離れぬ夜」の批評

回答者 秋沙美 洋

句の評価:
★★★★★

イサクさん、こんにちは。
人選おめでとうございます。

んーちょっとこれは語順がすごく散文的な感じがしました。
あと「瞼から離れぬ」これ、本当にこの措辞でいいんでしょうか。意味は通りはするのですが、瞼から離れないというより「瞼の裏」とした方が適切かと。
あるいは音数的に「眼裏(まなうら)」とするのはいかがでしょうか。

「眼裏に赫きを遺しポインセチア」

としてみました。

点数: 1

添削のお礼として、秋沙美 洋さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

風炎の水面に映す散居かな

作者名 卯筒 回答数 : 2

投稿日時:

落花ゆっくり今日は遅刻でいいや

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 3

投稿日時:

からっぽの新居春日に満たされて

作者名 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『瞼からポインセチアが離れぬ夜』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ