俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

落椿我が身はきれいなるままに

作者 森 教安  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

椿の花が落ちています。その花は枯れてもいずに美しい姿をしていました。その姿を自分に重ねながら詠んでみましたが。

最新の添削

「落椿我が身はきれいなるままに」の批評

回答者 腹井壮

森 教安さん、こんばんわ。
実は今日自分も全く同じ光景を詠もうとしただけにやられたなという感じがします。椿は資生堂のマークになるくらいですから女性の美の象徴ですからね。説得力があります。ただ、句意や字面を大きく変える事なく中七下五をほんの少し修正すると更に見違えるような気がします。具体的なアドバイスや添削案がなくてもどかしいのですが。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

手を取りて踏む音もみじ幼な子らかな

作者名 兼智 回答数 : 2

投稿日時:

雛飾る色とりどりのお花たち

作者名 翔子 回答数 : 0

投稿日時:

空掴む玉蜀黍の雄花かな

作者名 はや 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『落椿我が身はきれいなるままに』 作者: 森 教安
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ