俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花散る駅やくしゃくしゃの受験票

作者 ワイス  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

すみません、、先程のは間違いです。

よろしくお願いします。

最新の添削

「花散る駅やくしゃくしゃの受験票」の批評

回答者 腹井壮

ワイスさん、こんにちわ。いつもコメントありがとうございます。礫は「つぶて」と読みます。身を硬くして強ばらせた常態の例えです。時実新子は兵庫の女学校を卒業と同時に親に無理矢理岡山の商家に嫁がされました。夫となる男性に会った事すら無かったそうです。ここまで説明すれば何故身を硬くする必要があったか御理解頂けたと思います。
ところで俳句と川柳の二刀流の立場から申し上げると俳句にはそれほど制限はありません。この添削道場に来られる全くの初心者にたまに申し上げるのですが季重なりや無季・三段切れ・中八・ダジャレ等はルール違反でもタブーでもなんでもないと。これらを避けて詠むというのは先人達が試行錯誤を重ねて作りあげたノウハウなのです。要は楽してなるべく良い句を作る方法です。上級者になるとノウハウから逸脱して硬度な技術に転換させられますが。
時実新子は短歌から始めたのですが何らか理由で師匠から破門されました。そこで川柳に移動し俳人としても活動しました。ワイスさんは御自分にあった物からスタートするのがよろしいかと思います。ちなみに自分は二刀流からのスタートでした。結果的にそれは良かったと思います。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「花散る駅やくしゃくしゃの受験票」の批評

回答者 腹井壮

ワイスさん、おはようございます。切れの位置と季語に関してはかぬまっこさんの御指摘の通りです。しかし、少しづつ俳句を理解している跡が見えますね。細かい表情をつけるため「クシャクシャ」のオノマトペを用いたのでしょう。正解だと思います。それと高校大学入試の「受験」は季語ですが「受験票」だと各種資格試験にも発行されるので季語にはならないと思います。ただ句の内容によっては「受験票」と季語の取り合わせは逆効果になりかねないと思います。季語ではない言葉と「受験票」を取り合わせ無季俳句や川柳に方向転換を試してみてはいかがでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

子等の声高き夕暮れ更衣

作者名 よし造 回答数 : 6

投稿日時:

白木蘭や母の真白き割烹着

作者名 おかえさき 回答数 : 24

投稿日時:

夏椿蔵の茶房の鉄格子

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花散る駅やくしゃくしゃの受験票』 作者: ワイス
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ