俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

琴の音の律の調べを孫が弾き

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

姉は箏曲家、孫がまだ一歳に満たない時に立って、十七弦に触れて音がした。娘が横から指で弦を弾く、孫は体をふらつかせながらも弦に捕まって立っている。写メに撮ったので何度も見てしまう。

最新の添削

「琴の音の律の調べを孫が弾き」の批評

回答者 久田しげき

大変失礼しました。
小生の駄句に「律の風鑿でこつこつ円空さん」がありました。
私事ですが、先の句集に対する俳人の評が一般紙に掲載されました。

句の評価:
★★★★★
★★

点数: 1

添削のお礼として、久田しげきさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

孫の弾く琴の調べや冬ぬくし

回答者 久田しげき

句の評価:
★★★★★
★★

いつも楽しい話を拝読しています。忙しそうですが、句作は多くして、その大半を捨ててゆくのが俳句です。句集のためのヒントは・・hisada‥です。

指摘事項: 無季俳句

点数: 1

添削のお礼として、久田しげきさんの俳句の感想を書いてください >>

孫立ちて律の調べに指併せ

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★
★★

始めまして。「律の調べ」とは使うに難しい季語ですね。
コメントを読めば、可愛らしいお孫さんの風景が浮かびますが、残念ながら俳句の方は、そこまでには至っていないと思います。
やはり「琴の音」「律の調べ」の意味重なりの、どちらかを捨てるべきであると思います。

紅葉かな箏弦摑む孫の指

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

季語季語と季語煩わし季語ありて

作者名 めいしゅうの妻 回答数 : 3

投稿日時:

老鶯や螢袋を写す庭

作者名 ちゃあき 回答数 : 3

投稿日時:

寝タバコを咎む者なく夜半の冬

作者名 秋沙美 洋 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『琴の音の律の調べを孫が弾き』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ