俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

そろぞ寒猫のあくびは一度きり

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

寒さに身がしまるのか。

最新の添削

猫とても眠くはならずそぞろ寒

回答者 翔子

久田しげき様
猫も季節の移り変わりを感じるのでしょうか?だんだんと寒さを感じる季節になりますね、ご自愛くださいませ。それから添削ですが、ご指摘頂き、またとても良い手直し句、本当にありがとうございます。宮沢賢治さんの、銀河鉄道の夜を彷彿させて、私の大好きな句になりました。また、ご指導頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。ありがとうございました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、翔子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「そろぞ寒猫のあくびは一度きり」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

久田しげき様 こんにちは
猫はよく見かけます。と言っても多くは野良猫ですが、住宅敷地や駐車中の車の下になどにいて、眠そうな時は人が近づこうがお構いなしです。
飼い猫も商店街の軒先でゴロンとしていて、飼い犬が過ぎっても目を閉じたまま。
その場を離れる時に前足から背筋まで伸ばし大あくびしているでしょうか。
するとまた何処かへと行ってしまいますが、作品の場面はそのひとコマのようです。
話は飛びますが、昨日偶然でしたが大分ご出身の尾畠さん、81歳の方ですか 、被災地ボランティアに取り組んでいる様子をテレビの特集番組で放送していて、中国でもボランティアに関心を寄せているように感じられました。
地震台風などで被災すると、それまでの生活が一変するので他人事ではなく、どこに住んでいても万が一の備えは考えておくべきなのでしょう。国境を越えても変わらないのは、近年の自然災害が語っているようです。
失礼いたします。

点数: 0

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

木端仏百を並べて春ひなた

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

折鶴は膨れぬ麦星翳みけり

作者名 根津C太 回答数 : 0

投稿日時:

危機逃れブランコ酔いとごまかして

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『そろぞ寒猫のあくびは一度きり』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ