俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

花野のへ秘密の基地を作りけり

作者 翔子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

秋の花(私には秋桜)が咲き溢れる野へ小学生の頃、空き地に木の下クラブと云う秘密基地を友と三人で作ったように、孫や彼と作って、遊びたいという気持ちを詠みました。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「花野のへ秘密の基地を作りけり」の批評

回答者 三男

句の評価:
★★★★★

堀籠美雪さま こんにちは
子どもの時に抱いた秘密基地は、花野が目にとまったりすると、なぜかふっと淡い思い出を甦らせるので不思議ですね。
作品を拝見し、知らず知らず昔を思い出していましたので共感を覚えました。
失礼いたします。

点数: 1

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

びらを手に土手駆け上がる芋煮会

作者名 卓鐘 回答数 : 6

投稿日時:

炎昼の汗心地よき田舎道

作者名 田 奈 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

堰守や遥かに明ける岩木山

作者名 さつき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『花野のへ秘密の基地を作りけり』 作者: 翔子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ