俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

馬頭尊先にひろごるそばの花

作者 久田しげき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

村はずれの馬頭観音の先に一面の蕎麦畑が。

最新の添削

「馬頭尊先にひろごるそばの花」の批評

回答者 三男

久田しげき様 こんにちは
安曇野に足を運ぶと偶然でしたがNHK連続ドラマ「おひさま」の蕎麦畑が広がっていました。ちょっと目を凝らすと観音さまやお地蔵さんは長野のところどころで目にとまり、しばし高度成長期前の農村に想像を膨らませたものです。
いつでも手頃に食べられそうな蕎麦はどこでどのように生産されているか、生産者の様子が見過ごされたままのように思います。
帰り道の長野で訊ねたところ、地産地消の量は限られていてもっぱら輸入に頼っていると伺いました。地元産のみにこだわって提供するお店もあるようですが、全国的には少ないと語ってくれました。
農村と漁村、後継者不足が深刻で、農水省は農耕機の無人化で人手不足を補おうと計画を立てたようですが、果たして構想通りに事が運ぶか心配です。
こちらでは既に導入している地方があり、生産から収穫までを順調に維持している様子がニュースで流れました。
本日もありがとうございました。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、三男さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

腕枕ねこと取り合う秋の昼

作者名 おはる 回答数 : 4

投稿日時:

丸の内星の宿らむ冬木立

作者名 丼上秋葵 回答数 : 4

投稿日時:

哀歓の同じに鳴くや四十雀

作者名 岩﨑治夫 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『馬頭尊先にひろごるそばの花』 作者: 久田しげき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ