俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

八月の最後に通う豊島園

作者 優子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

小学三年生の時、豊島園の木馬の会という年間フリーパスを持っていた私ですが、もう明日で閉園なのに、ここ七、八年、行っていなかった。最後に一番高い飛び込み台からプールへダイブしてみたかった。ハイドロボリスというかなり怖いプールのほぼ直角の水の滑り台、三秒で、いきなり高スピードで発車するジェットコースター、もっと乗りたかった。懐かしいなぁ。淋しいなぁ。

最新の添削

「八月の最後に通う豊島園」の批評

回答者 素一

こんばんは!
よろしくお願いいたします。年間フリーパスを持っていた豊島園。明日で閉園ですね。寂しさこの上ない事でしょう。コメントで行けないとのことですので「八月で閉まる思い出豊島園」。ちょっとこじつけた句になりましたが、佐山緑様に贈ります。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨寒やA定食の箸進む

作者名 IZMIN 回答数 : 1

投稿日時:

朝顔や郵便受に投句くる

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

枯葉舞う岬のはずれ夢二詩碑

作者名 よした 山月 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『八月の最後に通う豊島園』 作者: 優子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ