俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

目隠してこっちへくるな冷西瓜

作者 そらえもん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

スイカ割りの時の西瓜の心情を表してみました
早く割って食べたいワクワクの割る人と
割られるのをひやひやと待つ冷えた西瓜

最新の添削

「目隠してこっちへくるな冷西瓜」の批評

回答者 なおじい

そらえもんさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。
この時季に西瓜の句!というのは置いておいて、初読の感想は、たーとるさんと似ています。西瓜が目隠しをして迫ってくる?どういうことだ?と思いました。

コメントを拝読しましたら、スイカ割りのスイカの気持ちになった句だと。
俳句は、自分の見た感じたことを詠む文芸ですので、西瓜の気持ちになってというのはあまり馴染まないですね。
ですので、作者が周りで見ていて、目隠しをした鬼(?)が棒を持って近寄ってくるのを「やめろ、来るな」と思っている、そんな景色にしてはいかがでしょうか。

・棒を振りこつちへ来るな西瓜割
・近づくなあつちだあつち西瓜割

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

西瓜割りの西瓜割れるを恐るるか

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

そらえもんさんの俳句を拝読しました。
着眼点が良くて、驚きました!
次回作も楽しみです。応援しています!
(皮肉)

これを字面通り詠めば、目を隠されて、スイカが迫ってきて「こっちに来るな」と願っているというジグソーのようなホラー過ぎる世界ですね。
きちんとスイカ割りと書くところから始めるべきだと思います。

点数: 0

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

煙立つ炭火の頃のサンマかな

作者名 こま爺 回答数 : 2

投稿日時:

一点五度リフトの下は花野なる

作者名 素風 回答数 : 1

投稿日時:

合格の番号ありて涙する

作者名 素一 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『目隠してこっちへくるな冷西瓜』 作者: そらえもん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ