俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

扇風機羽を休めて涼みをり

作者 新米  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

わざと季重なりの句にしました。
季語、特に人事の季語は沢山あって、良い句が出来た!と思っても、よく見ると季語が二つと言うことがよくあります。「汗拭いてアイスで活を草野球」なんて。
俳句ではないよ、川柳だよとすればよいのかな?

最新の添削

かたぐるま羽を休めて涼みけり

回答者 ハオニー

季重なりが悪い、なんてことは一切ありません
季重なりの名句は、探せばたくさん見つかります
ただ、ものすごく失敗しやすいだけです

この句、「扇風機」「羽を休める」「涼む」と、言葉のイメージがかなり重なっていることの方が厄介です
意外性がない句だと、季重なりだからよくないという(俳句初心者~初級者の)一般論で、ダメな句と判断されやすいものです

「涼む」と「羽を休めて」という表現を信じて、「扇風機」ではないものにすると、意外性が出ます

をり、は「存在する」のほかに「座る」なんて意味があるため、かたぐるまにはふさわしくないため、切れ字「けり」に変えました

肩車の羽って何だ!?
あ、上の人の腕のことかな?
確かに、じっとしてる方が涼しいかもね
...と、読んでくれる人がいることに期待しました
(結局、季語1つしかないけれどそれは些細なこと←)

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

扇風機羽と涼しさ納みをり

回答者 大須賀一人

「納涼」を更に加えてみました。

私は季語を制約だとは考えていませんし、
字数や形式も強制とは思わない様にしています
例えば白紙のキャンバスが有ったとして、そこへ絵を描いていいよと言われるのと
必ずその中に絵を描きなさいと言われるのでは、大きく違いますからね
俳人各々が各々の句によって、季語の扱いは違えて良いと思います

点数: 1

添削のお礼として、大須賀一人さんの俳句の感想を書いてください >>

鬼嫁にノーしか言わぬ扇風機

回答者 腹井壮

新米さん、こんにちわ。

これはただの川柳です。

他人の評価さえ気にしなければ詠んだ本人が俳句と川柳を区別する事です。

ですからあまり神経質になる必要はないかと思います。

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

二拍子のメジャーバトンや運動会

作者名 竜子 回答数 : 2

投稿日時:

色づきてなお色褪せぬ死人花

作者名 卯筒 回答数 : 5

投稿日時:

夏休み生ゴミを出す月曜日

作者名 ダック 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『扇風機羽を休めて涼みをり』 作者: 新米
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ