俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

梅雨冷えや下校に傘の開花なり

作者 三男  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

皆さま こんにちは
本日の作句に批評をよろしくお願いいたします。
近くの学校を材料にしていますが、下校時間ともなると親御さんが校門付近に集まって来て、人や車の往来に影響を与える所もあります。
お互い様と割り切っているためか揉め事に出会っていません。
ただ雨が降っていると人同士の間隔をとり、一時的に傘が道路を占拠する様は圧巻です。
色とりどりの傘が動き出すと、梅雨冷えを忘れさせてくれます。
ほかに
梅雨冷えの下校に傘や咲き競う
梅雨冷えの下校に開花傘と傘
としてみました。

最新の添削

梅雨冷えの下校は傘の花盛り

回答者 いなだはまち

三男さま
よろしくお願いいたします。

切れは、場面を変更するときに活きます。
内容としては、切れを入れない方が読み手に伝わりそうです。

梅雨と傘は、因果関係ですので、詩は生まれ難いですね。
提案句も、詩になりません。🙇

句の評価:
★★★★★
★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

校友の清楚なあの子梅の花

作者名 こま爺 回答数 : 8

投稿日時:

舞い上がれ群れなすとびに油風

作者名 土屋 羊子 回答数 : 7

投稿日時:

クールビズ皐月の朝の肌寒さ

作者名 素一 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『梅雨冷えや下校に傘の開花なり』 作者: 三男
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ