俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

廃村のさびれるポスト月明かり

作者 黒徹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

廃墟になった村、さびれても立ち尽くすポストを読みました。

最新の添削

廃村のポストに差すや月明かり

回答者 いなだはまち

徹之さま
お世話様です。

私のコメントに反応されての、ご投句と勝手に解釈いたします。😁

シンプルに詠まれるのは、それはそれでありだと思いますが、17音しかありませんので、オリジナルな表現を見つけることが俳句の面白味だと思いますし、読者はなるほどと思うのだと思います。
※オリジナルは、特異な言葉ではなく、余情や詩情を感じる表現かと存じます。

御句、廃村⇒ポスト⇒「さびれる」
誰もがたどり着く表現です。
写生とも申しますので、見たままを句にされることが、いけないわけではないのですが、誰でも思い付く表現は、避ける方が読者の共感は得やすいと存じます。

どう詠むのも作者の自由、どう読むのも読者の自由ですので、悪しからず。😅

参考句も類想の範囲ですが、いくらかでも参考になれば幸いです。
一応「に差す」拘りました。🙇

句の評価:
★★★★★
★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春はゆく井戸に蓋するふわふるる

作者名 めい 回答数 : 9

投稿日時:

逃げ水のごとき俳句の道長き

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 8

投稿日時:

路地裏にキリスト看板初音あり

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『廃村のさびれるポスト月明かり』 作者: 黒徹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ