俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初夏の浅瀬子どもを押してみる

作者 宮本宏之  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ほのぼのとした光景を表現したいと思いました。

最新の添削

初夏や浅瀬へ子ども押してみる

回答者 いなだはまち

宮本宏之さま
初めまして。

ほのぼのとして、心が洗われるような句ですね。親御さんの子を思う気持ちが、押してみるの措辞に強く描写されています。

初夏に対して、海ではなく浅瀬とされたのも、呼応していて良い選択と思います。

浅瀬で切れているのが、是か非か。
読み方により、ちょっと怖い親にも読めそうな気がします。😅

一応、添削句をあげてみます。☺️

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

披露宴果てて消残る花氷

作者名 佐渡 回答数 : 4

投稿日時:

風船や遥かなる旅希望乗せ

作者名 肥川 稔 回答数 : 3

投稿日時:

あと僅か手掌を透かす干大根

作者名 春野ぷりん 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初夏の浅瀬子どもを押してみる』 作者: 宮本宏之
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ